マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

ウィザーズプレイネットワーク通信


ご注意:本記事は掲載当時の情報をもとに制作されたものです。現在の制度・プログラムと異なる場合がありますので、最新の情報は ウィザーズプレイネットワーク 公式サイト を必ずご確認ください。

2012.10.17

WPN通信 #122:今週末はプロツアー「ラヴニカへの回帰」!


 こんにちは。ウィザーズプレイネットワーク日本担当の宮坂です。

ラヴニカへの回帰

 新エキスパンション・ラヴニカへの回帰が発売されてからちょうど一週間。各所で新セットの感触を試すイベントが開催されているようで、イベントの情報がちらほらと舞い込んできております。日本で一番遊ばれているフォーマットはスタンダードですが、新しいカードたちはこのフォーマットもずいぶんと色を塗り替えたようで、これからゲームデーまでが楽しみです。

 プレインズウォーカーポイントのサイトでギルドに所属したプレイヤーが多くなってきたので、ギルド間抗争で実績を獲得されるプレイヤーも続出してきました。すでに全 10 ギルドの構成員を倒して、すべての「○○に死を」を獲得している人もいるようで。

 わたしはなかなかこれらの実績を獲得する機会に恵まれないのですが、オルゾフ所属のトッププロがグランプリを制してくれたおかげで、なかなかレアな実績を手にすることができました。

 試合には参加できていないのですが、マンツーマンでのシールド、いわゆるパックウォーズやチームドラフトに混ぜてもらって遊ぶことは多いです。パックウォーズ形式で遊ぶのが好きな人には、新しいブースターバトルパックという製品はちょうどいいですね。

/

 そんな感じで新しいカードに触れてみましたが、新しいカードにわくわくするのと同じレベルで「うっは、懐かしい!」と童心に返る部分もあったり。言うほど古くはないですが、がっつりとやりこみ要素で遊んでいた時代の土地が再録されていることもありまして、当時の環境を懐かしんでみたりとか。


プロツアー「ラヴニカへの回帰」は今週末開催です

 そんな回顧話はさておき、新エキスパンションがリリースされたら、今度はトッププロたちの戦いを生放送で楽しむ番となります。今週末はプロツアー「ラヴニカへの回帰」(ツイッター公式ハッシュタグ #ptrtr)がシアトルで開催されます。

プロツアー「ラヴニカへの回帰」

 プロツアー「ラヴニカへの回帰」のフォーマットは、モダンとラヴニカへの回帰ブースタードラフト。決勝戦はモダンで争われます。金曜日はモダン 5 回戦とブースタードラフト 3 回戦が行われ、マッチポイント 12 点以上の参加者が土曜日に駒を進めます。土曜日はブースタードラフト 3 回戦とモダン 5 回戦が行われ、最終成績の上位 8 人が日曜日の決勝戦へ進出します。

 モダンはスタンダードと違ってローテーションがないため、単純に新しいカードセットのカードがフォーマットに追加されることになります。依然として強い影響力を持ったアーキタイプがそのまま活躍するのか、それとも新しいアーキタイプが誕生するのか。

 モダンでの影響といえば、先日禁止解除された《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》がどれほどのインパクトを与えることになるのか。いずれの答え合わせも今週末に確認することができそうです。

 2012年9月20日 DCI制限禁止リスト告知

 プロツアー「ラヴニカへの回帰」には、日本からも多くのプレイヤーが招待されています。招待者のリストは以下のページで確認できます。

 Invitation List for Pro Tour Return to Ravnica 2012(英語)

 プロツアー「ラヴニカへの回帰」では、殿堂表彰式が予定されています。今年殿堂に選ばれたのは、パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ、津村健志、大礒正嗣、パトリック・チャピンの4人。上記リストにも名前がある通り、彼らはプロツアー「ラヴニカへの回帰」に招待されており、参加者一同がが見守る前で特製のリングを授与されます。

 2012年プロツアー殿堂顕彰者紹介

//

 日本から選ばれた 2 名、津村、大礒ともにシアトルでのセレモニーへの参加は表明しているようなので、なんとか眠い目をこすりながら表彰式の様子を観戦したいなあと思っています。

 今回も 3 日間にわたるプロツアーの模様が、ストリーミング配信予定です。配信は予選初日の金曜日午前中(日本時間土曜日午前 1 時)から始まります。最終日の配信は日本時間月曜日午前 2 時 45 分から始まります。

 プロツアーにセット名が冠されるようになってから、プロツアーは新セットのお披露目としての様相を濃くしてきました。トッププロたちの生ドラフトを見る機会などそうそうないので、ドラフトが大好きなわたしとしては、いつも配信を見るのが楽しみです。もちろん、モダン構築も見たいですし、決勝戦も楽しみです。オンタイムで地球の裏側から現地の様子を、無料で見られることができるなんて、いい時代になりましたね。

 惜しむらくはアメリカ西海岸とは時差の関係でちょうど昼夜逆転しているので、なかなか観戦には辛いスケジュールとなっていること。最終日の配信は、月曜日に早起きすればなんとか観戦してから出社・登校できるスケジュールとなりますでしょうか。

 ストリーミング配信に関しては、下記サイトに詳しく書かれていますのでごらんください。

 Magic: The Gathering Webcast Schedule(英語)

 もちろん、配信だけではなくいつものテキストベースの特集記事も掲載されます。こちらもお見逃しなく!(編注:イベントカバレージ翻訳は20日掲載開始予定です)


ギルド門侵犯記念イベントの申請受付が始まりました

/

 現在は発売されたばかりのラヴニカへの回帰をフィーチャーしている現実世界ですが、イベント申請に関しては、来年 2 月に発売される「ギルド門侵犯」記念イベントの申請受付が始まりました。

 それぞれのイベント案内ならびにプロモーション案内は、セールス配布文書一覧からダウンロードすることができます。キット内容物や注意事項などが記載されておりますので、申請に際してご一読ください。

 セールス配布文書一覧

 プレリリース、リーグ、ゲームデー、ボックス購入キャンペーンの各申請締切は 12/9 までとなっていますが、キットの数量に限りがあるため、申請は早めにお済ませください。



WPN からのお知らせ

 10/17 現在、以下の WPN プログラムならびにイベントが申請できます。イベントの申請は、ウィザーズイベントレポーターからかんたんに操作できます。ウィザーズイベントレポーターは WPN サイトからダウンロードしてください。

全主催者
  • Magic (競技イベント/個人戦・双頭巨人戦・チーム戦)
    • ブースタードラフト
    • レガシー
    • エクステンデッド
    • ヴィンテージ
    • スタンダード
    • シールドデッキ
    • ブロック構築
    • モダン
    • Trios スタンダード(3人チーム構築)
    • Trios シールドデッキ(3人チームリミテッド)
    • 2HG(双頭巨人戦は 2HG で始まるそれぞれのフォーマットをご利用ください)
  • Casual Magic Event(カジュアル/8人未満で開催したイベントやフリープレイ会の報告に)
    • カジュアル構築
    • カジュアルリミテッド
  • Casual Multi-Player(カジュアル多人数戦)
    • 魔王/Archenemy
    • プレインチェイス戦/Planechase
    • 統率者/Commander
    • 皇帝戦/Emperor
    • 無差別戦/Free-for-all
    • 大乱闘戦/Grand Melee
    • その他/Other
ゲートウェイ店舗

 ゲートウェイ店舗は、全主催者向けイベントが申請できます。くわえて、以下のプログラムが申請できます。

  • Magic League(店舗独自のリーグ戦報告に)
  • Launch League Play - Gatecrash(ギルド門侵犯リーグ)
コア店舗

 コア店舗は、ゲートウェイ店舗のプログラムをすべて申請できます。くわえて、以下のプログラムが申請できます。

  • Friday Night Magic - December 2012
  • Prerelease - Gatecrash(ギルド門侵犯プレリリース・3回まで)
  • Magic Game Day - Gatecrash(ギルド門侵犯ゲームデー)
アドバンス店舗

 アドバンス店舗は、コア店舗のプログラムを 2 回ずつ申請できます。くわえて、以下のプログラムが申請できます。

  • Grand Prix Trial - Singapore 2013

 グランプリトライアルの開催に際しては、認定ジャッジがヘッドジャッジを務める必要があります。トーナメントの概要については公式サイトの案内をご一読ください。

 グランプリ トライアル大会


WPNマテリアル

 サポートキットは一店舗一回限り請求できます。メンバーカードは、毎月 2 回まで請求できます。

  • Trade Marketing WPN Kit(2012年版店内掲示用キットの請求)
  • Membership Card Request - 2012(新規メンバーカードの請求)
WPNマテリアル(コア・アドバンス店舗)

 コア・アドバンス店舗は、上記にくわえて、以下のマテリアルを請求できます。

  • Buy-a-Box - Gatecrash(ギルド門侵犯ボックス購入プロモの請求)

 現在受付中の WPN プログラムについては、WPN 公式サイトに掲載されていますのでご確認ください。

 また、それぞれのイベント案内ならびにプロモーション案内は、セールス配布文書一覧から取り寄せることができます。

 WPN プログラムの申請方法については、WPN 通信 第47回に詳しく記載がありますので、ご一読ください。それでもわからないことがありましたら wpnjapan@wizards.com へお気軽にご相談ください。


 日本語のルール文書まとめページが mtg-jp 内に設置されました。

 ジャッジを目指す人必読の、マジック総合ルールや違反処罰指針、イベント規定といったお堅い文章から、プレイヤーに一度は目を通して欲しい基本ルールブック、プレインズウォーカーのルールやよくある質問集まで、日本語で読んでおいたほうがいいルール文書にアクセスしやすくなりました。


 ウェブサイトをデコレーションしたり、あるいは店頭ポップを華やかにするための画像素材の詰め合わせ、ロゴキットが公式サイトよりダウンロードできます。使用許諾に同意いただいたうえで、許諾内容の範囲内で自由にご利用いただけます。

 イベントの案内ページに、あるいは店頭ポップの作成用としてご活用ください。


 各 WPN プログラムの申請スケジュールおよび大会日程、ならびに国内プレミアイベントの大会日程は Google カレンダーにまとめてありますので、よろしかったらご利用ください。

 また、注目イベントのページが特設されました。ブックマークに入れてぜひご利用ください。

 公開されている Google カレンダーは、各自が利用しているスケジューラにインポートすることができます。

 Google アカウントを利用して自身のカレンダーに表示させたり、スマートフォンのスケジューラへインポートすることで、自分の予定表とリンクさせることができるようになります。「今週の大会はどうだったっけ?」と悩んでいるような方にお勧めです。

 それでは、また来週。

前の記事: 第121回:イベント開催の手引き・リーグとグランプリトライアル | ウィザーズプレイネットワーク通信一覧に戻る | 次の記事: 第123回:今週末はゲームデー&新製品情報!と、エターナル環境での『ラヴニカへの回帰』

店舗・イベント検索

  • プレインズウォーカー・ポイント
  • 壁紙ダウンロード
  • ウィザーズプレイネットワーク