マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」

2013.03.05

第77回:「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」って一体どんな環境?


 こんにちは、鍛冶です。
 グランプリ・横浜2013に参加された方はお疲れ様でした。
 僕はカバレージ班としてこのイベントに関わったのですが、本戦の出場者数がまさか2000人の超え、世界でも歴代2位を記録する2,297人!
 これによって「ギルド門侵犯」のシールド11回戦、ブースタードラフト6回戦の後、決勝ラウンド3回戦という長丁場のトーナメントが行われました。

グランプリ・横浜 イベントカバレージページ

 そして、優勝は日本チャンプのタイトルも持つ北山 雅也(神奈川)!

/

 構築イベントに比べると、シールドのデッキ構築やドラフトのピックもあり非常にハードな2日間でしたが、プロ活動のキャリアの長さ故か、最後まで集中力を切らさずに戦われていたようです。
 このままの勢いでプロツアーでも是非活躍してもらいたいものですね!

 ちなみに、今回は1200人以上のグランプリでしたので、通常のTop4だけでなくTop8全員にプロツアー「ドラゴンの迷路」への参加権が与えられることになります。
 この大会は「ラヴニカへの回帰・ブロック ブースタードラフト」と、「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」で行われるのですが、ところで皆さん、「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」って一体どんな環境かご存知ですか?


☆ラヴニカへの回帰・ブロック構築

 ひと昔前、ブロック構築はプロツアー予選やグランプリ、プロツアーや世界選手権の競技フォーマットとしても採用されていたので、そのシーズンになればカードショップでも練習している人がちらほらいたのですが、現在はプロツアーの年1回きり。
 去年で言えば、プロツアー「アヴァシンの帰還」がそうでした。《ウルフィーの銀心/Wolfir Silverheart(AVR)》に支配されたバルセロナで、「アヴァシンの帰還」の奇跡を大量に入れた青白コントロールを用いたAlexander Hayneが優勝しています。

 プロツアー「アヴァシンの帰還」イベントカバレージ

 もともとスタンダードなどの人気構築フォーマットに比べトーナメントも少なかったのですが、紙のカードでプレイしている人はほぼ見かけなくなってしまいました。
 自分がプロ活動をしていた時、最も苦手とした種目だったのですが、こうも減ってしまうと寂しいもの。
 しかし、Magic Onlineならばこのフォーマットを気軽に楽しむことができるのです!

 最近の勝ち組といえば、まずは赤単ですね。
 先日の「ギルド門侵犯」や「ラヴニカへの回帰」のリリース期間にシールドを遊んでいた人にとっては、集めなければならないカードも少ないのでお勧めです。

trog3r (4-0)
RTR Block Constructed Daily #5088703 on 03/03/2013
19 《山》

-土地(19)-

4 《鋳造所通りの住人》
4 《軍勢の忠節者》
4 《ラクドスの哄笑者》
4 《灰の盲信者》
4 《炎樹族の使者》
4 《火拳の打撃者》
4 《流血の家の鎖歩き》
4 《ボロスの反攻者》
1 《瓦礫帯の略奪者》

-クリーチャー(33)-
4 《馬力充電》
4 《ミジウムの迫撃砲》

-呪文(8)-
3 《凍結燃焼の奇魔》
4 《強盗》
3 《頭蓋割り》
3 《滅殺の火》
2 《反逆の行動》

-サイドボード(15)-

 RTR Block Constructed Daily #5088703 on 03/03/2013

 メインデッキに注目すれば、土地がたった19枚しか入っていない超高速のビートダウンですが、クリーチャーが豊富な分プレイヤーに唱えられる火力はありません。
 ですが、そこを《馬力充電/Dynacharge(RTR)》で補ったりと、カードプールが狭いことからか構築はとても考えられていますね。

 もし、コントロールが大好きなプレイヤーならば、こんなデッキはどうでしょう?

_shipitnugs (1st Place)
RTR Block Constructed Premier #5088614 on 03/01/2013
10 《島》
9 《平地》
4 《神聖なる泉》
4 《アゾリウスのギルド門》

-土地(27)-

3 《管区の隊長》
1 《叫び回る亡霊》
4 《リーヴの空騎士》
3 《静穏の天使》

-クリーチャー(11)-
4 《アゾリウスの魔除け》
2 《拘留の宝球》
4 《至高の評決》
4 《中略》
4 《スフィンクスの啓示》
4 《思考を築く者、ジェイス》

-呪文(22)-
1 《叫び回る亡霊》
1 《軽騎兵の巡視部隊》
1 《摩天楼の捕食者》
4 《払拭》
3 《ギルドのタブレット》
2 《取り消し》
2 《拘留の宝球》
1 《正義の勇者ギデオン》

-サイドボード(15)-

 RTR Block Constructed Event #5088614 on 03/01/2013

 スタンダードの青い理由となりつつある、《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation(RTR)》を中心に組まれた青白コントロールです。
 このサイドボードには《払拭/Dispel(RTR)》が4枚と、カードパワーが一つ抜けている《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation(RTR)》への対策がしっかりととられており、こういう強いカードにはしっかりした対策、というところにブロック構築らしさが伺えます。

 まだ「ギルド門侵犯」が加わったばかりなので研究が進んでおらず、アーキタイプは少ないですが、次期スタンダード環境を占う構築フォーマットに挑戦してみませんか?
 Magic Onlineのこのフォーマットから1年先を読むことで、将来活躍するであろう低い評価のカードを集めるMO投資家になるのも、面白いかもしれませんね。
 一番良いのは、その活躍するデッキを自ら構築することなんですが・・・。

 それではまた来週!


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)
 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。


マジック・オンライン プロツアー予選:ドラゴンの迷路

DGM Logo

 5月17-19日に開催されるプロツアー「ドラゴンの迷路」。招待権を懸けた予選は、自宅からも参加できます!

 マジック・オンラインでは、2012年12月24日から2013年3月18日までの期間に16回の予選が開催されます。形式はモダン、もしくはシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット

開催日開始時刻フォーマット
3月10日(日)AM 0:00モダン
3月11日(月)AM 3:00モダン
3月16日(土)AM 9:00モダン
3月18日(月)AM 3:00ギルド門侵犯・シールド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。(シールド・デッキの場合)
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品QP
優勝プロツアー「ドラゴンの迷路」の参加権利
プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジの招待
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
6
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
5
3,4位ブースターパック 54個4
5-8位ブースターパック 36個3
9-16位ブースターパック 24個0
17-32位ブースターパック 12個0
33-64位ブースターパック 6個0
65-128位ブースターパック 3個0
129-256位ブースターパック 1個0

補足:「Magic Online Championship Series(MOCS)」の「Qualifier Points (QP、予選ポイント) 」は、MOCSのシーズン中にのみ贈られます。


プロツアー予選への参加資格
プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について
プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジ

 以上につきましては、第67回の記事をご参照ください。

 さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour Gatecrash Qualifiers」をご覧ください。


2013 Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 3

 日々のトーナメントの積み重ねから、年間を通してチャンピオンを目指すMagic Online Championship Series(MOCS)。シーズン3が開催中! プロモカードは新イラストの《水蓮のコブラ/Lotus Cobra(ZEN)》です。

MOCS-QP-03

QP獲得期間:2/20~3/20(ダウンタイムまで)
プロモカード:《水蓮のコブラ/Lotus Cobra(ZEN)》(新イラスト)
プレリミナリおよびチャンピオンシップの形式:『ギルド門侵犯』シールド・デッキ
プレリミナリ 開催日時:3/23(土) AM 10:00、PM 10:00 3/24(日) AM 4:00、AM 10:00
チャンピオンシップ 開催日時:3/31(日) AM 7:00


2013 MOCS 「Season Preliminaries」(シーズン・プレリミナリ、前哨戦)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 15 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: スイスラウンド6回戦、各ラウンド50分で行われます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点賞品
1835 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード Foil版 1枚
1535 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚
12そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。


2013 MOCS 「Season Finals」(シーズン・ファイナル)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 35 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品
優勝「2013 MTGO Championship」の参加権利
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
3,4位ブースターパック 54個
5-8位ブースターパック 36個
9-16位ブースターパック 24個
17-32位ブースターパック 12個
33-64位ブースターパック 6個
65-128位ブースターパック 3個
129-256位ブースターパック 1個

追加の賞品: トップ64に入賞したプレイヤーには、さらにそのシーズンのプロモカード Foil版1枚が授与されます。

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

 MOCSのトーナメント構造、QPの獲得方法、「Season Finals」など詳しい情報、および現時点で最新の情報は、英語記事「2013 Magic Online Championship Series」をご参照ください。


参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

前の記事: 第76回:グランプリ・ケベックシティ優勝 Nico Christiansenの「ナヤ人間」をリプレイ! | 鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」一覧に戻る | 次の記事: 第78回:Kuo Tzu Chingの「人間リアニメイト」をリプレイ!

トピックス

新着順