マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2018.02.13

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:白単英雄的(Pauper)

by 岩SHOW

 先日、Magic Online配信をしていた時のこと。これから流行ってほしいという願いもあって、コモン限定構築・Pauperを遊んでいた。

 その時僕が使ったのは「親和」デッキ。アーティファクトをばら撒いて質の良いクリーチャーで殴るビートダウンデッキだ。リーグにて3勝1敗で迎えた最終戦で、ヤツは現れた。今日のデッキ「白単英雄的」だ。

 噂には聞いており、デッキリストもザッと眺めたことはあった。はーんこれが例のあれね、と軽い気持ちでゲームを始めたら...文字通り、ギッタンバッタンのボッコボコにされてしまった。このデッキはかなり「ヤバい」、そう感じたのでここで紹介させていただこう!

AvatarMTG - 「白単英雄的」
Magic Online Pauper Constructed League 5勝0敗 / Pauper (2018年2月5日)
17 《平地》
1 《隔離されたステップ》

-土地(18)-

4 《ラゴンナ団の先駆者》
3 《熟達の刃の精鋭》
4 《アクロスの空護衛》
3 《道の探求者》

-クリーチャー(14)-
4 《変異原性の成長》
4 《結束のカルトーシュ》
4 《天上の鎧》
4 《ハイエナの陰影》
4 《果敢な一撃》
4 《無傷の発現》
4 《チョー=マノの祝福》

-呪文(28)-
3 《死者の代弁者》
3 《聖なる猫》
2 《軍旗の旗手》
2 《絆魂》
3 《塵は塵に》
2 《Holy Light》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Pauper Constructed League より)

 デッキリスト短けぇ! このコラムでも何度も書いてきたが、ビートダウンデッキはリストがシンプルで、同名カードが4枚ずつ搭載され、リストが短ければ短いほど「毎回同じ動きができる」という点で素晴らしい。このデッキはその理想形にかなり近づいているのではないだろうか。欲張らず白単でまとめあげたからこそ、成し遂げられた美しさってわけだ。

どんなデッキ?

 『テーロス』ブロックにて登場した「英雄的」という能力を軸にしたデッキ。

 《ラゴンナ団の先駆者》《アクロスの空護衛》はそれぞれ、これを対象に呪文を唱えると、+1/+1カウンターを得るという能力を持つ。これらにガンガンと呪文を撃ち込んでいって、序盤からサイズの大きなクリーチャーで対戦相手を圧倒することを狙う。

 カード1枚ずつで見れば大した効果ではないが、呪文とクリーチャーがしっかりとシナジーを形成しているため、見た目で侮っているとあっという間に詰みの状況に追い込まれる。純粋なビートダウンというよりは、一種のコンボデッキと考えるのが良いかもしれない。

 《道の探究者》やサイドボードの《絆魂》《聖なる猫》でライフを回復することも得意とする。探求者に《ハイエナの陰影》や《天上の鎧》を貼り付けるのはそれだけでコンボと言っても良いレベルで、多くのクリーチャーデッキが悶絶することになる。

 これらに対抗するためには除去、というところだが、《無傷の発現》《チョー=マノの祝福》によるプロテクション付与でこれも思い通りにはさせないという、剛と柔の両備え。

 噛み合えば理論上最強! もちろん、噛み合わないことだってあるんだけどもね。

テクニック!

《熟達の刃の精鋭》+《変異原性の成長》など:『レギオン』の一部のカードにしかない「挑発」という能力を持つ《熟達の刃の精鋭》。これは対戦相手のクリーチャーがタップ状態であっても無理やりアンタップしてこれをブロックさせるという誘発型能力だ。

 《秘密を掘り下げる者》など、厄介なことになりそうなクリーチャーに喧嘩を吹っ掛け、《変異原性の成長》などで強化して一方的に刈り取る、というテクニックが役立つ場面もあるだろう。小技を抜きにしても、強制ブロックにより道をこじ開け英雄的クリーチャーや探求者の攻撃を通すだけでも悶絶する強さだったりする。マイナー能力、侮りがたし。

注目のカード:《死者の代弁者》

 こんなカード初めて見た、という方が圧倒的に多いだろう。1マナ1/1プロテクション(黒)、とそれだけのカードではあるが、それだけのことが強いためサイドボードに席を確保している。たとえプロテクション付与呪文があると言っても、いつでも構えていられるわけではない。黒は除去呪文に《クォムバッジの魔女》と干渉手段が多いため、もともとプロテクションを持っている代弁者は大変頼りになるというわけだ。


 いやぁ、見た目はね、ブン回れば強いけどもっていうデッキだろうと思っていたんだが......2ターン目に《金属ガエル》と《マイアの処罰者》を出す最高のスタートを切ってもそれを上回るサイズと絆魂能力で、まったくダメージレースにならなかったのはショックだったね......今一番注目すべきPauperのデッキかもしれない。とにかくカードが揃えやすいという点も良いね。リアルPauperが流行りそうな2018年、とりあえず組んでおくと良いスタートダッシュが切れるかも?

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:GerryTのマルドゥ・パイロマンサー(モダン) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ナシフと謎めいた命令(モダン+過去のスタンダード)

トピックス