マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2018.02.07

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:御霊の予言(モダン)

by 岩SHOW

 つい先日、《予言により》というマジックの歴史の中でも稀有な能力を持ったエンチャントを軸にしたデッキを紹介した。あれから間を置かずに、今日も《予言により》デッキを紹介することになる。

 軸の部分が同じで代わり映えはしないかもしれないが......このとんでもないデッキ、紹介するしかないという本能の訴えをスルーするわけにはいかなかった。今日紹介するデッキリストは、パンチが効きまくっている。ほぼ青単のコントロールデッキであった前回の《予言により》×《死せる生》デッキも相当癖が強かったが、コイツもどえらい見た目だぜ! プロツアー『アモンケット』王者ジェリー・トンプソン/Gerry Thompsonも「僕のプロツアー用デッキが決まったよ」とその腕白ぶりを称賛したリストがこれだ!

Tom Medvec - 「御霊の予言」
StarCityGames.com Modern Classic Philadelphia 準優勝 / モダン (2018年1月28日)
1 《島》
1 《沼》
1 《山》
1 《湿った墓》
2 《蒸気孔》
1 《血の墓所》
2 《汚染された三角州》
3 《沸騰する小湖》
2 《血染めのぬかるみ》
2 《尖塔断の運河》
1 《滝の断崖》
1 《黒割れの崖》
1 《トレイリア西部》

-土地(19)-

2 《ヴリンの神童、ジェイス》
4 《詐欺師の総督》
2 《猿人の指導霊》
3 《鏡割りのキキジキ》
4 《グリセルブランド》

-クリーチャー(15)-
4 《祖先の幻視》
3 《死せる生》
4 《信仰無き物あさり》
3 《稲妻の斧》
4 《御霊の復讐》
4 《イゼットの魔除け》
4 《予言により》

-呪文(26)-
1 《儀礼的拒否》
1 《払拭》
1 《リリアナの敗北》
2 《集団的蛮行》
1 《削剥》
1 《否認》
1 《ラクドスの魔除け》
1 《神々の憤怒》
4 《神聖の力線》
2 《仕組まれた爆薬》

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

どんなデッキ?

わけがわからん。

 ......リストを目にした時の偽らざる心境である。こんなもん、一目で理解しろという方が無理難題。でも冷静にひも解いていけば、どういう理屈で生まれたのかは理解できる。デッキリストは謎解きだ。では、改めて。

どんなデッキ?

 《予言により》と《死せる生》、《御霊の復讐》と《グリセルブランド》、そして《詐欺師の総督》と《鏡割りのキキジキ》。モダン環境に存在するコンボエンジンを3つ、1つに揃えてみましたという欲望に満ちた超コンボ偏重デッキ。

 コンボ以外で勝利することは不可能となっており、作成者のコンボ愛がうかがい知れる。3つのエンジンがすべて噛み合っており、複合的な合わせ技での決着を狙う。

 コンボパーツと土地、そしてある意味コンボパーツの1つである《祖先の幻視》と《猿人の指導霊》以外のカードに目を通してほしい。《信仰無き物あさり》《イゼットの魔除け》《稲妻の斧》《ヴリンの神童、ジェイス》......いずれも手札からカードを捨てるという一文を持ったカードだ。

 これらで《グリセルブランド》か《鏡割りのキキジキ》を墓地に送る。これを《御霊の復讐》で釣り上げる。

 グリセルルートはここから7 or 14枚ドローして、さらなる追加のコンボを狙うか、殴ってライフゲインからさらにドローしたりと、次のターンには追撃で勝負を決められる手札を作りにかかる。

 キキジキルートでは、お馴染み《詐欺師の総督》を出してこれのコピーをキキジキで作る→コピーの能力でキキジキをアンタップ→好きなだけどうぞで速攻トークンの群れでWin。グリセルルートの先はこのキキジキルートか、グリセルルートおかわりかということになる。

 グリセルもキキジキも伝説のクリーチャーということで、軽くて使いやすい《御霊の復讐》が墓地から釣り上げるカードとして使用されているのだが、これの水増しとなり時と場合によっては上回る強さを発揮するのが《予言により》×《死せる生》コンボだ。

 墓地に置いたクリーチャーを戦場に展開しつつ、対戦相手のクリーチャーを薙ぎ払う全体除去としての役割も担う。また、総督とキキジキをパッケージで墓地に落としておけば、まとめて揃えてコンボでドーンで勝ててしまうというのも魅力的だ。で、《予言により》を採用するのであれば《祖先の幻視》でコンボパーツを揃えにいったり手札破壊からのリカバリーを図ったりすればいいじゃないか、というわけでこれも採用されている。名付けて、「御霊の予言」!

テクニック!

《御霊の復讐》+《ヴリンの神童、ジェイス》:ジェイスだって、伝説のクリーチャーだ。《御霊の復讐》で釣り上げて、速攻を活かして能力を起動、即座に《束縛なきテレパス、ジェイス》に変身させることが可能だ。先の能力で捨てたグリセルを[-3]能力で再使用した復讐で釣って......なんていう奇襲ルートもある。さまざまな角度からコンボを狙ってやろう。

注目のカード:《猿人の指導霊》

 《予言により》は出せばその場で《死せる生》を唱えられるが、その設置には3マナかかる。モダンではこのコストは時として重いものとなる。1ターンでも早くコンボが決められるのであれば、手札1枚の損失くらいたかが知れている!ということで《猿人の指導霊》の出番だ。

 これが絡むと1ターン目《信仰無き物あさり》→2ターン目《予言により》《死せる生》キキジキルートでYou Win!という世紀末ルートを決めてしまうこともできる。余談だが、こういうデッキがこの猿を戦場に出している光景を見ると異常にテンションが上がってしまうのは僕だけではないはずだ。


 とにかくコンボが好き、複合的であればあるほど楽しい、突然死をもたらす殺戮コンボマシーンと化したい、というコンボマニアな皆さん。ぜひ一度試していただきたい。理不尽なまでの2ターンキル、そこそこ狙えそうな3ターンキル、決めちゃってみないかい?!

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ストームチェイサー・フラッシュバック(ヴィンテージ) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:黒単モニュメント(デッキを作ってみよう)

トピックス