マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2017.11.02

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:結束の試練(スタンダード)

by 岩SHOW

 『イクサラン』は同じタイプを持ったクリーチャーを揃えてデッキを構築すると強くなるカードが多数収録されている。こういうセットは部族セットと呼ばれ、その起源は『オンスロート』にまで遡ることができる。

 特に『イクサラン』は恐竜と海賊という、それまで部族的な繋がりを持ったカードが全くデザインされてこなかったタイプに焦点を当て、同時に吸血鬼とマーフォークにも新たな色を与えてそれまでのイメージを覆すという、まったく新しい部族デッキを組むことを推奨している。リミテッドではこれらの部族をいかに集めるか、流れを感じ取る力が試される。綺麗に組めたマーフォークや海賊などはカードがほれぼれするほど噛み合って楽しいものだ。《選定された助祭》や《オテペクの猟匠》で吸血鬼や恐竜を突っ込ませるのもシンプルで楽しい。

 これらの部族のシナジーを中心に組んだデッキがスタンダードで活躍しているか、と問われると「まだ」としか言えないのが現状である。ややカードの枚数が足りないので、『イクサランの相克』が発売されれば......というところかな。

 今からもう来年が待ち遠しいものだが、では『イクサラン』の部族カードはスタンダードで使われていないのかというと、そんなことはない。単体でも高いパフォーマンスを誇るカードたちが、さまざまなデッキに傭兵として駆り出されている。

 《人質取り》なんかはその典型で、雇われ海賊として蛇とつるんだり王神の手によって永遠衆になったり、大忙しだ。

 もうひとつ、よく目にする『イクサラン』のカードと言えば《軍団の上陸》。吸血鬼デッキの攻めの起点となるカードでありながら、トークンを生成するデッキとの相性が最高であるために各種トークンデッキで引っ張りだことなっている。

 今日紹介するデッキもこの《軍団の上陸》と相性が良いカードがたっぷりなのだが......このリストを目にした時には「部族デッキの正反対、他部族連合軍だな......」と思ったものだ。それではその内容をご覧いただこう。

u_mad_bro - 「結束の試練」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2017年10月13日)
3 《山》
4 《感動的な眺望所》
4 《秘密の中庭》
3 《ラムナプの遺跡》
4 《シェフェトの砂丘》
4 《産業の塔》

-土地(22)-

4 《ボーマットの急使》
4 《発明者の見習い》
4 《模範的な造り手》
4 《屑鉄場のたかり屋》
3 《ピア・ナラー》
2 《熱烈の神ハゾレト》

-クリーチャー(21)-
4 《軍団の上陸》
3 《結束のカルトーシュ》
4 《霊気装置の展示》
4 《結束の試練》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-呪文(17)-
4 《強迫》
2 《チャンドラの敗北》
2 《断片化》
4 《削剥》
1 《心臓露呈》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より)

 吸血鬼・構築物・人間・ドワーフ・霊気装置・飛行機械・そして神......部族の垣根を越えて、クリーチャーたちが一大集結。まあ、現スタンダードのクリーチャーデッキなんて大体がこのようにバラバラのタイプのものが揃っているデッキなので今さら感もあるかもしれないが、あるカード名がこのデッキを「いろんなヤツらが一致団結」しているものと思わせてならない。それが《結束の試練》、そして《結束のカルトーシュ》だ。あ、カルトーシュから出てくる戦士もいたね。

 結束カードが合計7枚採用されており、これによりオケチラのもとにさまざまなクリーチャーが集い結束を深めている光景が脳内再生される......ハゾレトがそれを見守っている、みたいなね。

 このデッキは大変わかりやすいアグロデッキである。やることは、並べて強化して殴る。ただその戦略をとることに特化し、そのため除去呪文はメインには0枚!という大胆な構築となっている。わかりやすい! 音に例えるならブンブンブンブーンブーンという感じである。

 軽いクリーチャーから展開していって殴って、ある程度数が揃うか相手がブロッカーを用意してきたら《結束の試練》で自軍を強化して殴って乗り越える。まだ相手の息が残っていれば《結束のカルトーシュ》で《結束の試練》を拾ってもう1回!《シェフェトの砂丘》で強化してやるという手もある。

 面攻撃を主体に攻め、それでもダメなら《熱烈の神ハゾレト》にお願いしてこじ開けていただこうという......とにかく、攻め続けることで勝つという強い意志の元に設計されている。

 このデッキを使う際の心得としては、攻め手を緩めないこと・後退のネジを外してひたすらに前へ。相手が全体除去を使ってくるかもしれない、なんてことを考えたら負けだ。そこが気になるなら、もう別のデッキを使えと言わんばかりの潔い構築が素晴らしい。まあ、1枚で複数体のクリーチャーを展開できる《ピア・ナラー》《霊気装置の展示》、粘り強い《屑鉄場のたかり屋》、手札を補充してくれる《ボーマットの急使》といろいろと揃っているので、全体除去1枚で詰むなんてことはないだろう。盤面を作るのに時間がかかるデッキなんかは、連合軍団の上陸を食い止めることはままならず、結束の力により踏み潰されていくことだろう。

 カラデシュ・アモンケット・イクサランの3つのブロックのカードが綺麗に共演しているという点で、見ていてなんとも楽しくなるタイプのデッキだ。『イクサラン』にはまだまだ、《軍団の上陸》のようにさまざまなデッキに出張して活躍するカードが眠っている可能性がある。今一度、探検しなおしてみるのも良いかもしれないね。

 あるいは、その探検の成果をプロツアーで見せつけるプレイヤーが現れるかもしれない。今週末のプロツアー放送もお楽しみに!



前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Full English Breakfast(古えのデッキ) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:やっぱりコイツが本命か ティムール・エネルギー(スタンダード)

トピックス