マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2017.07.18

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:黒赤コントロール(スタンダード)

by 岩SHOW

 つい先日発売されたばかりの『破滅の刻』。これを受けて開催されるグランプリ・京都2017のフォーマットはリミテッド。初日シールドデッキ・2日目ドラフトにて栄光の王者を決定する......と、構築フォーマットのデッキを紹介する当コラムとはそれほど関係はない。

 スタンダードならネタが大量に手に入れられたのに......なんて思っていないと言えばウソにはなるが、リミテッドも大好きな僕としては、皆がどんなデッキを作り上げて勝ち上がっていくのか、見届けるのは楽しみである。

 それに、グランプリにはサイドイベントとしてプロツアー予選もあるしね!(参照:主催者様ウェブサイト) こちらはスタンダードで行われるので、『破滅の刻』環境でどのようなデッキが暴れるのかを見るにはもってこいなトーナメントとなっている。素直に、楽しみ。

 さて、本日はMagic Onlineでリリースされた『破滅の刻』を用いて最初に結果を残したデッキの1つを紹介しよう。その姿は、まさしく『破滅の刻』デッキと呼ぶのに相応しいものとなっている!

Michai - 「黒赤コントロール」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2017年7月11日)
4 《沼》
4 《山》
4 《泥濘の峡谷》
4 《凶兆の廃墟》
3 《燻る湿地》
4 《霊気拠点》
1 《終わりなき砂漠》
2 《進化する未開地》

-土地(26)-

2 《豪華の王、ゴンティ》
2 《ゲトの裏切り者、カリタス》
3 《ゴブリンの闇住まい》
2 《栄光をもたらすもの》

-クリーチャー(9)-
4 《致命的な一押し》
3 《マグマのしぶき》
3 《削剥》
4 《大災厄》
2 《放埒》
1 《栄光の刻》
2 《不帰+回帰》
2 《最後の望み、リリアナ》
3 《反逆の先導者、チャンドラ》
1 《死の権威、リリアナ》

-呪文(25)-
3 《夢盗人》
3 《スカラベの饗宴》
2 《チャンドラの敗北》
2 《苦い真理》
1 《バントゥ最後の算段》
2 《破滅の刻》
1 《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》
1 《王神、ニコル・ボーラス》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より)

 黒と赤の2色を用いた、除去を中心とした中速デッキだ。こういった、盤面を掃除しつつ自分のクリーチャーやプレインズウォーカーでしっかりと固めるデッキのことを「ボード・コントロール」と呼んだりするので覚えておこう。青を中心としたコントロールデッキは打ち消しにより相手の行動を阻害するが、この赤黒のボードコンは対戦相手がクリーチャーを展開してきたらそれをサッサと流す。安全な状況下でクリーチャーやプレインズウォーカーを展開して、アドバンテージを稼ぐとともに盤面に蓋をして勝利、というゲーム展開を目指すものとなっている。

 新カードは多数見られるが、まずは除去から。《削剥》は3点除去かアーティファクト破壊か、2つのモードが選べてどちらも強い、便利すぎる2マナのインスタント。

 これまでの軽い除去が抱えていた、《キランの真意号》などの機体に触れないという問題を難なくクリアしている、なかなかにビックリさせてくれる1枚。同じくインスタントでお試し枠的に採用されている《栄光の刻》は対神クリーチャー用の1枚としてデザインされてはいるが、そのフレーバー的側面を抜きにしても《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を処理できるカードが増えたということにも価値がある。ボードコンにとっては非常に厄介なプレインズウォーカーだからね......。

 プレインズウォーカーに効くといえば、サイドの《破滅の刻》も忘れちゃいけない。何もかもを吹き飛ばす、今後の全体除去の要となりそうなこのソーサリー。《燻蒸》では流せなかったプレインズウォーカーとクリーチャーを、文字通り一網打尽に蹴散らしてくれる安心感あふれる1枚だ。

 このデッキの面白さ・オリジナリティの核とも言えるのは《大災厄》。基本的にはクリーチャー除去として用いるが、ボードコンが苦手とするクリーチャーを展開してこない類のデッキに対しては手札破壊モードを選んで妨害手段として腐らないという特性を持っている。

 その便利さゆえにマナ・コストは割高だが、手札破壊の効果適用範囲も「土地以外」と広いのがありがたい。墓地に置くのではなく追放するのも地味に効いてくる場面があるだろう。これで安全確認してからクリーチャーなりプレインズウォーカーなりのフィニッシャーを展開する動きも堅実でイイネ!

 そのフィニッシャーズは、ここ最近のスタンダードでは黒および赤のデッキにはどれかが入っているレベルのパワーカード・オールスターなので、今さら何をどうこう言うレベルのもではないが......このデッキの《ゴブリンの闇住まい》は実に強そうだ。《大災厄》《削剥》というモードを選べる呪文を再利用できるというのは実に頼もしい。

 サイドボードの《王神、ニコル・ボーラス》など、「『破滅の刻』から、使ってみたいと思った新カードを集めてデッキにしてみました!」感があふれる赤黒コントロール。まだまだブラッシュアップのし甲斐はありそうだ。プロツアーで他者に《破滅の刻》を、自身に《栄光の刻》をもたらすことができるか? 今から優勝デッキが楽しみでならない。

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:グリクシス・デルバー feat. Potent(レガシー) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:エーテリウム造物師、ブレイヤ(1v1 Commander)

トピックス