マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2017.03.16

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Doomsday(レガシー)

by 岩SHOW

 Doomsday......最後の審判、即ち地球・人類最後の日......なんとカッコイイ響きだろう。この世の終わりを示すこのカッコイイ単語。そのルールは、法によって裁かれ刑罰を受ける、という意味合いだったらしい。

 DoomsdayおよびDoomはマジックのカード名でもその姿を見ることがある。その中でも最も使われたのは《破滅の刃》(Doom Blade)だろう、これは疑う余地がない。《はじける破滅》(Crackling Doom)が飛び交っていたのも懐かしい。しかし至高の1枚を選ぶとなると、そりゃもう《最後の審判》(Doomsday)以外にはあり得ない。カード名、イラスト、マナ・コスト、そして呪文自体の効果......そのどれもが美しい。

「あなたのライブラリーと墓地からカードを5枚探し、残りを追放する。選ばれたカードをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。あなたは自分のライフの端数を切り上げた半分を失う。」

 割ととんでもないことがテキスト欄に書かれている。裁きが下され、運命の5日間を戦えということなのだろう。マジック始めたてのキッズ時代はとにかくパックから出たカードは全部使う、レアならなおさらのことそうだった。そこに来てこのカードは見た目がカッコよく、効果もなんだか強そうだ。使ってみる。ん~何がしたいんだこれは! 当然のようにライフもライブラリーも足りずの敗北......運命は我を見放した......。

 長年、一体どう使うべきカードなのかはわからぬまま......大人になったある日、レガシーでこれを使用したデッキを友人が作ったので回したことがある。ライブラリーを上から《殻船着の島》《輝く根本原理》《最後の罰》《焼尽の風》2枚の5枚にし、《殻船着の島》で《輝く根本原理》を秘匿、ライブラリーがわずか3枚なので能力起動の条件を満たし、唱えられた根本原理からめくれた3枚を対戦相手がどう2つに分けても20点のライフを失わせることが可能という......なかなかに楽しいデッキだった。勝つまでにタイムラグが生じるのがどうしようもなく、《不毛の大地》《台所の嫌がらせ屋》なんかで簡単にコンボが不発という弱点があり、今振り返るとデッキと呼べる代物ではなかったが......コンボ欲は満たしてくれた。全5回戦のトーナメントで3勝2敗で終わったので、当時のレガシーがいかに牧歌的なものだったのかがよくわかる。わからん殺し、最高。

 それから数年......《最後の審判》を用いたコンボデッキ「Doomsday」は、相性の良いカードを複数手に入れて、立派なコンボデッキとして成立した。規模の大きめのトーナメントだと、このデッキを持ち込んでくるマニアが1人2人はいるもの。無視できない存在となった、テクニカルなデッキの全貌を紹介しよう!

g0ld_rook - 「Doomsday」
Magic Online Competitive Legacy Constructed League 5勝0敗 / レガシー (2017年2月17日)
1 《島》
1 《沼》
2 《Underground Sea》
2 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《Badlands》
4 《汚染された三角州》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《血染めのぬかるみ》

-土地(16)-

1 《研究室の偏執狂》

-クリーチャー(1)-
4 《ライオンの瞳のダイアモンド》
2 《水蓮の花びら》
4 《暗黒の儀式》
4 《渦まく知識》
4 《ギタクシア派の調査》
4 《思案》
4 《師範の占い独楽》
4 《強迫》
3 《陰謀団式療法》
1 《汚物の雨》
3 《燃え立つ願い》
2 《突然の衰微》
1 《留まらぬ発想》
3 《最後の審判》

-呪文(43)-
3 《ザンティッドの大群》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール》
1 《陰謀団式療法》
2 《突然の衰微》
1 《最後の審判》
1 《冥府の契約》
1 《巣穴からの総出》
1 《虐殺》
1 《苦悶の触手》
1 《Tropical Island》
1 《殻船着の島》
1 《カラカス》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Legacy Constructed League より)

 《ギタクシア派の調査》と《研究室の偏執狂》を手に入れたことにより、このデッキは完成した。マナを払わずに即座に積んだカードを手札に引き込める《ギタクシア派の調査》のおかげでかなり早いターンからでも仕掛けられるようになった。《研究室の偏執狂》は簡単な勝ち筋をこのデッキにもたらした。簡単とは言っても特殊な動きには違いないが......このデッキについてパーツそれぞれについて語ってもあまり意味はないので、コンボの実例を紹介することにしよう。

ストーム基本形
  • 《最後の審判》を唱える。《暗黒の儀式》から唱えるのがベスト。積む順番は上から
    《留まらぬ発想》《ライオンの瞳のダイアモンド》《ライオンの瞳のダイアモンド》(以下LED)《ギタクシア派の調査》(or何かしらのドロー)《燃え立つ願い》
  • 一番上にある《留まらぬ発想》を引く。ターンを返すのは非常に危険だし、ストームカウントも減ってしまう。《最後の審判》解決後、《ギタクシア派の調査》と動ければベスト。マナはかかるが《思案》《渦まく知識》でも可能。これらの《留まらぬ発想》を引き込むカードを唱える際、そのまま優先権を放棄せずにLEDを起動して{U}{U}{U}を得られるとベスト。これで《留まらぬ発想》を唱えるためのマナを確保しようという算段だ。
  • こうして手に入った発想を唱え、3枚ドロー。引いてきたLED2枚をセットし、《ギタクシア派の調査》→対応してLED2枚起動、{B}{B}{B}{R}{R}{R}を得る
  • 《ギタクシア派の調査》で引いた《燃え立つ願い》を唱えて、サイドボードから《苦悶の触手》を持ってきてストーム触手K.O.

 《苦悶の触手/Tendrils of Agony(SCG)》で勝つには最終的にこのルートをたどることが多い。ということは、手札のキープ基準は《最後の審判》+ドロー+LEDと後は土地に《暗黒の儀式》があれば文句なしということになる。毎回全部そろっている手札がやってくるわけではないので、コンボに必要な3枚のうち2枚あって後は手札破壊と土地、という手札でキープすると良いだろう。対戦相手の《意志の力》などの妨害手段を潰して、満を持してコンボを始動させたいものである。

 審判積み込み後、《留まらぬ発想》を引く手段を《師範の占い独楽》にする手段もある。この方が多くストーム稼げるが、その分マナもいる。応用のひとつの形と覚えておこう。

マニアック基本形
  • ストームルート同様に《最後の審判》を唱える。
    《留まらぬ発想》《師範の占い独楽》《ライオンの瞳のダイアモンド》《ギタクシア派の調査》《研究室の偏執狂》
  • こちらもストーム同様《留まらぬ発想》をドロー。
  • 引いた発想でさらに3枚ドロー。独楽・LEDを展開。
  • 《ギタクシア派の調査》、解決前にLEDで{U}{U}{U}
  • 引いてきた《研究室の偏執狂》を出して、独楽起動→You Win

 勝利条件カードの中でも、現実的なマナ・コストが売りである《研究室の偏執狂》で勝つルートだ。偏執狂=Maniac、かつ勝ち方としてもマニア向けなので、マニアックルートと呼ばせてもらおう。こちらもこれが基本形であり、例えば手札にある唯一のドロー手段が《師範の占い独楽》である場合は、積むカードを《師範の占い独楽》→《ギタクシア派の調査》に変更。独楽でドロー→発想で3枚ドロー→独楽LEDセットからのギタクシア派&LED起動→引いたギタクシア派おかわり→偏執狂出して独楽起動で勝ち、というように変化する。

 これらの基本形を基に、その状況に応じたルートを構築せねばならない。すなわち、ものすごく難しいデッキである。《最後の審判》でマナブーストとドローを積んでもう1回《最後の審判》、というストーム稼ぎなんかが、その場その場のアドリブでできなければならない。家持って帰って宿題でやっていいならともかく、こんなの即興で最適解を弾きだせないよ!と嘆く前に、練習あるのみじゃ。一人回しはこのデッキにおいて、必ずや君の血肉となってくれることだろう(身近に練習に付き合ってくれるプレイヤーがいればそれが最高だけども)。

 多分使い方が一番難しい......というか手なりで使っちゃいけないカードは《ギタクシア派の調査》だ。適当に使ってしまうと、確実に後悔する。

 《最後の審判》後のドロー手段として、これほど使いやすいカードもない。複数引いたからといって、無駄に2連打してライブラリーを掘る、とかはなるべくしないように!《陰謀団式療法》とセットできた場合は、遠慮なく相手の精神を覗いちゃえ!という状況もあれば、持たれていると困るカードが特定されているのであればそれを指定して調査は温存、という状況も。

 結論として、こういう見るからにマニアックなデッキは、急造付け焼刃ではその真価を発揮しないということ。コピーしてトーナメント出て全然ダメじゃん→解体、となる前に、もうちょっと練習してみよう。つまりは、《最後の審判》というカードが本当に好きな人が使うべきデッキだ。Enjoy your Doomsday!

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:死の影グリクシス(モダン) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:猫図鑑(スタンダードまとめ)

トピックス