マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2017.01.24

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:緑白トークン(現在のMagic Onlineのスタンダード)

by 岩SHOW

 前回もお伝えした通り、今回も現在のMagic Onlineでのみ見ることのできる特異なスタンダード環境からデッキを紹介しよう。もう現実世界では既に『霊気紛争』は発売されているので、これらのデッキをベースに新カードで肉付けしたデッキでフライデー・ナイト・マジックに遊びに行く、なんて方がいてくれたらデッキ紹介者冥利に尽きるというものだが......実際どうかな。その辺りも楽しみにしつつ、今日も張り切って行ってみよう!

 それでは早速リストを見てみよう。特に大きなイベントもないのでリーグ戦全勝のデッキになるが、これなんて少し懐かしいデッキでないかい?

Graciasportanto - 「緑白トークン」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2017年1月14日)
9 《平地》
7 《森》
4 《梢の眺望》
4 《要塞化した村》
1 《ウェストヴェイルの修道院》

-土地(25)-

4 《スレイベンの検査官》
4 《無私の霊魂》
4 《森の代言者》
1 《異端聖戦士、サリア》
4 《大天使アヴァシン》

-クリーチャー(17)-
4 《ニッサの誓い》
2 《石の宣告》
4 《停滞の罠》
4 《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》
4 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》

-呪文(18)-
4 《ラムホルトの平和主義者》
4 《不屈の追跡者》
1 《断片化》
3 《神聖な協力》
3 《燻蒸》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より)

 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》の「無敵のゼンディカーコンビ」が還ってきた! この2枚のプレインズウォーカーはどちらもトークンを作り出し、それを強化する能力を持っている。このプレインズウォーカーを軸に、緑と白の軽量クリーチャーと除去により構成されたデッキ「緑白トークン」はプロツアー『イニストラードを覆う影』にてスティーブ・ルービン/Steve Rubinを優勝へと導いた。

 その一見地味だが骨太なビートダウンデッキは瞬く間に世界中で使用され、各地のトーナメントを席巻。ありとあらゆるTOP8デッキリストでその名を見ることになったのだが......『異界月』にて大幅な恩恵を受けた「バント・カンパニー」に圧倒されその数を減らす。続く『カラデシュ』では大きな恩恵を受けることはなく、《密輸人の回転翼機》を手にした青白系のデッキにまたしても勝てず......「飛行に弱い」という明確な弱点を突かれ続け、ここしばらくはスタンダード上位デッキからは大きく遠のいていた。

 しかしこの度の禁止カードの改訂により、苦手だった《密輸人の回転翼機》を軸とした飛行系ビートダウンや、妨害手段を持たず速度負けしてしまう《霊気池の驚異》を用いたデッキが消滅or減少し、これで伸び伸びと地上戦を行える時代が再びやってきた!と息を吹き返したのである。

 デッキリストを見ると、ゼンディカーコンビに加えて《森の代言者》というここ数か月は息を潜めていた緑2マナ域の定番クリーチャーの姿も。

 警戒と2マナとは思えないサイズを活かして、攻撃しつつもプレインズウォーカーを護る、まさしく攻防一体のクリーチャー。地上戦主体の環境となるのであれば、この同盟者・エルフもまた脅威となるに違いない......かな?

 他にも定番の《スレイベンの検査官》《無私の霊魂》《異端聖戦士、サリア》とイカす白のクリーチャーがズラリ。これらに加えて、やはり定番of定番の《大天使アヴァシン》は妥協なき4枚体制だ。

クリックで変身

 この天使、《無私の霊魂》を生け贄に捧げることで無理やり変身させるコンボは健在なので、数多のクリーチャーを今後も焼き払っていきそうな予感。『霊気紛争』からアヴァシンへの対抗策として使えそうなものは......当たり負けしない《艱苦の伝令/Herald of Anguish(AER)》を早いターンで出せれば優位に立ち回れるか。緑のクリーチャーデッキでは《英雄的介入》で展開したクリーチャーを薙ぎ払われないように耐えるという手もあるか。こうやって、予習と対策を練る期間があるというのはプレイヤーにとってもありがたいところだ。

 『霊気紛争』発売後、このデッキはどう変わるのか? まず目につくのは、アンコモンとは思えない強烈な能力を持った《改革派の結集者》。

 墓地から2マナ以下のパーマネントをを戦場に戻すという紛争能力は、《無私の霊魂》を使いまわす不死身全軍突撃を可能にしてくれる。他にも《進化する未開地》を採用してマナを伸ばしたり、そこまでせずとも除去された《森の代言者》なんかを拾うだけで十分に強い(と思う)。《スレイベンの検査官》が作り出す手掛かり・トークンの重要性がここにしてさらに増すか......う~ん、早く動いているところが見たい!

 「緑白トークン」はその動きも簡単なものであり、マジックの基礎を覚えるにはうってつけのデッキだ。何より、ちゃんと強いので勝てるデッキというのが初心者にも嬉しいね。というわけでマジック参戦を悩んでいる方・あるいはそういった方が近くにいるよというプレイヤーには、知ってほしいデッキの筆頭かなと。マジックの主役であるプレインズウォーカーを使えるのも嬉しい。こういうビートダウンはシンプルにしてディープでもあるので、すぐに飽きてしまうということもないはずだ! ゼンディカーを護ったゲートウォッチの2人を信じろ!

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:黒緑昂揚(現在のMagic Onlineのスタンダード) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:アミュレット・タイタン(モダン)

トピックス